保険の種類で運転手をカバー


種類も豊富な自動車保険

 車を運転するにあたって、自動車保険に入っていれば安心ですよね。

とはいえ、事故を起こしていいというわけでもありませんが笑。ただ、自動車保険にはいくつもの保険の種類があるため、保険に入ったからといって必ずしも安全であるとはいえないのです。

事故の内容によっては補償されないものもあるので、契約の際は、きちんと事故を起こしたときの保険対象を把握する必要があります。

結構いっぱいあるので、ここでまとめてみました。気になる保険の種類は、しっかり覚えておきましょう!考察!自動車保険
対人賠償責任保険(対人保険)
 これは一番起こしたく事故。つまり、人に対する保険です。強制保険である自賠責は補償できる金額が決まっており、その上限も高くありません。

ましてや人身事故を起こしてしまった場合は、その金額はかなりのものになるので補償することができないのです。

対人保険を契約する場合、よく「無制限」という言葉を聞くと思うのですが、これは対人の場合は補償金額を無制限で設定するといういことなので、必ずこの内容で契約するようにしましょう。

対物賠償責任保険(対物保険)

 対物は、その名の通り車で物を壊したときに補償する保険です。だいたいこの場合は壁を壊した、ガードレール壊したなどの場合に支払われることが多いでしょう。

たまに家やコンビニを壊す人もいますが、アクセルとブレーキを踏み間違えた結果が多いので気をつけて下さいね。

搭乗者傷害保険

 事故は、必ずしも相手の運転者ばかりに賠償するというわけではありません。
運転者がいれば、当然搭乗者もいる可能性があるのです。この保険は、車に乗っているもの全てにも支払われる保険です。

何人乗っているのか分からないのだから、契約した方が良いですよ。

自損事故保険

 この保険は、自分で起こした事故に対して支払われる保険です。
運転免許を取って間もない頃は、自分で何かにぶつけてしまうといったこともあるでしょう!
その際、鞭打ちにでもなったらこの保険がおりるということになります。

無保険車傷害保険

 必ずしも、事故を起こした相手が保険に入っているとは限りません。
そのため、もし相手が保険に入ってなく、交通事故で運転者になんらかの障害やあるいは死亡してしまった場合は、
この保険が支払われます。

人身傷害補償保険

 事故を起こしてしまったときに、運転者や搭乗者に保険が支払われるものです。

車両保険

 車両保険は、自動車事故以外に対して発生した損害を補償するものです。
自動車事故以外というのは、天災や盗難などの損害。
台風によるガラスの破損やボディのへこみ、雷や火災・水害などの災害や、盗難にあってしまった・当て逃げされたなども、保険の内容によっては補償することができます。

詳しい内容は、保険会社によって異なるので、契約の際にきちんと確認するようにしましょう!


2011 中古車情報・セカンドはんど All Rights Reserved.